メインビジュアル

江東区東大島の耳鼻科 小児耳鼻咽喉科 花粉症

〒136-0072 東京都江東区大島9-3-16 東大島メトロプラザ1F

お問い合わせ03-5858-4187

MENU

副鼻腔炎 sinusitis

副鼻腔炎

副鼻腔炎

副鼻腔は、鼻の周囲の顔の骨にある空洞です。空洞は左右に4つあり、その空洞の中に炎症が起こるのが副鼻腔炎(蓄膿症)です。経過が短期間である急性副鼻腔炎と、長期(3か月以上)にわたり症状が続く慢性副鼻腔炎があります。

原因

風邪が原因でウィルスや 細菌の感染により鼻腔に炎症が起ります。副鼻腔は鼻腔と狭いスペースでつながっており、副鼻腔にも炎症が及ぶと、粘液が出せずにたまっていきます。このような状態が副鼻腔炎です。
カビや虫歯、鼻の中の腫瘍が原因で起こることもあります。

症状

鼻水(粘り気の強い黄色い)
鼻づまり
後鼻漏(鼻の穴から外に鼻水が出ることなく、のどの方向に流れ込むこと)
頭が重い感じ
ほほ・おでこの痛み
発熱
鼻の中が臭う
ニオイがにぶい

治療

急性の副鼻腔炎には、抗菌薬や鼻の環境を整える薬を使います。鼻の環境を整えるために、鼻水を吸ったり(鼻処置)、ネブライザー、鼻うがいを行うことも重要になります。アレルギー性鼻炎や花粉症、喘息、鼻の構造が狭い(鼻中隔湾曲症、鼻茸)等があると症状が長期化、慢性化しやすいことがあります。
慢性化した場合は、抗菌薬(マクロライド)を通常の半分の量で投与します。3か月程度治療しても治らない際は、症状を改善させるためには手術での治療が必要となります。当院では手術は行っていないため、連携先の医療機関もしくはご希望の病院に紹介いたします。

TOP
求人案内
求人案内